会津塗り・会津漆器と和陶漆器の専門店 高橋商店 - 重箱・箸・椀など食器、ギフト・贈り物・記念品など充実の品揃。通販サイトもご利用ください。

会津塗りの歴史

会津塗りの歴史

会津には漆が塗られた平安時代の仏具、仏像が今も残っており、この頃には漆器工芸がある程度進歩していたと判断できます。

会津漆器が本格的に作られるようになったのは、1590年(天正18年)に蒲生氏郷が会津の領主になってからです。氏郷は、前の領地近江の国(今の滋賀県)日野から吉川和泉守を頭に木地師や塗師を会津に伴わせ、漆器を盛んに作らせました。

江戸時代には、会津初代藩主保科正之が漆の木を保護するなどして、ますます漆器産業をさかんにして行きます。

history-img2

その後、五代藩主松平容頌の家老田中玄宰が、京都から蒔絵師木村藤蔵を招き、新しい蒔絵の技術を取り入れたり、会津漆器を長崎で中国やオランダへ輸出するなどして、会津漆器産業をたいへん盛んにしました。

しかし、戊辰戦争により、会津塗りは滅びそうになりますが、明治政府の援助により再興され、その後、さらに技術を改良し、現在では、食器、花器、文具、茶器、仏具など、多くの種類の製品が作られるようになり、会津塗りは、全国でも有数の漆器産地となっています。

Translate »